犬猫以外の動物|神奈川県大和市「オアシス動物病院」瀬谷からもお越しいただいています

神奈川県大和市の動物病院「オアシス動物病院」

お問い合せ

0462648833

診療時間:9:00~12:00 / 15:00~19:00
休診日 :水曜日・日曜祝日の午後
※水曜日が祝日の場合は休診

犬猫以外の動物

犬猫以外の小動物診療に力を入れています

犬や猫以外の人と暮らす動物をエキゾチックペットといいますが、動物病院に相談しようと思っても診てくれるところがまだまだ少ないのが現状です。当院では、安全に診療を行える範囲で、できる限り多くの種類の動物に対応させていただくようにしています。
幅広い動物の飼い主さまが頼れる獣医師となれるよう、エキゾチックペットを専門に診療している獣医師と連携し、自らもエキゾチックペット研究会の会員となってそれぞれの動物に合わせた診療を行っています。 犬や猫以外の小動物のこともお気軽にご相談ください。

対応している動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・チンチラ・フクロモモンガ・デグー・ハリネズミ・マウスなどその他小動物

それぞれの動物の特徴と注意点

ウサギ

ウサギ

草食動物のウサギは、食事の内容も体の仕組みも犬や猫とは異なります。
繊維の少ない食事などによる歯やお腹のトラブルをはじめ皮膚病、尿結石、斜頸、
腫瘍、またメスでは子宮の病気が多くみられます。
うさぎは具合が悪くてもそれを隠そうとする動物です。
食欲や排便、排尿の様子など、何か気になれば早めの受診をお勧めします。

ハムスター

ハムスター

ゴールデンハムスターや小型のジャンガリアンハムスターともにヒマワリの種のあげ過ぎによる肥満が多くみられます。ケージの金網をかじって前歯の不正咬合を起こしたり後ろ足を金網などに引っ掛けて骨折する例も見られます。高齢になってくると腫瘍ができる場合もあります。

フェレット

フェレット

フェレットは高齢になると腫瘍の発生が多く、脱毛を起こす副腎腫瘍や低血糖を起こすインスリノーマがよく見られます。

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター・その他小動物
土・日・祝日も診療(※水曜が祝日の場合は休診)

pagetop

pagetop